キャッシングの3つの種類「銀行」「信販」「消費者金融」について

外国人だからこそ利用したいキャッシング

シリアルをほおばる外国人女性キャッシングと聞くと世間では非常に高い金利のため借りた人が返済できず自己破産する話を耳にすることがあり、外国人でもあまりよい印象をもっていない人は多いです。
しかし、給料日前に冠婚葬祭が重なった時など上手く利用すれば非常に心強い味方となります。

キャッシングサービスの種類は大きく分けて3つ

キャッシングサービスを提供している会社は銀行系・信販系・消費者金融系の3つに分けることができます。

銀行系カードローン

銀行系は銀行が運営しているため利用者にとっては安心感があります。
銀行系の特徴は借入上限額が高く金利が低いことです。
しかしその反面融資審査が厳しく通りにくくなっています。
他に借入があったり過去に返済が遅れたことがある人は借りることができないといったこともあります。

信販系カードローン

信販系もカード会社が運営していいるので利用者が安心でき、金利が低く借入上限額が高いことが特徴となっています。
クレジットカードに付帯するキャッシング機能は、この信販系にあたります。

消費者金融系カードローン

これに対して消費者金融系はTVCMでもよく目にしますが、融資審査がとおりやすいことが特徴となっています。
但し銀行系や信販系と比べると金利が高いため、少額を借りて短期間で返済を考えている人にはお勧めです。
最近では各社の競争が激しくなり、キャッシングを利用する人はすぐにまとまったお金が必要なため短時間での融資が当たり前となっています。
中には20分で融資審査完了し、即日振込サービスを行っているところもあります。
直接窓口に行かなくてもATMで申込みできるためお金を借りに行くところを他人に見られる心配がなく、プライバシーが守られます。
返済の時も同様で銀行やコンビニの返済振込みが可能です。
実際私も無人のATMで融資申込みをし、電話でいくつかの質問に答えるだけで数時間後にはその日のうちにお金の振込みを行ってもらえました。