カードローンの利用限度額と金利の関係

カードローンで借り入れできるお金の限度

カードローンは、ATMで手軽にお金を借り入れできるという便利な金融サービスです。
ただし、借り入れできる金額には限度があります。具体的な金額は、借り入れをする人の収入によって異なっていて、収入が多ければ多いほど、利用限度額も高めになっています。収入が多く、経済的な余裕があると、多く借り入れをしたとしても、スムーズな返済ができる可能性が高いからです。

消費者金融なら年収の1/3が上限

利用限度額の目安は、一般的には年収の3分の1程度とされています。特に消費者金融を利用する場合は、貸金業法によって、利用限度額が必ず年収の3分の1以下の金額となります。銀行を利用する場合でも、収入からの返済が可能とみなされている年収の3分の1をボーダーラインとして利用限度額が決められる場合が多いです。

じょじょに信用を積むとボーダーラインがアップ

とはいえ、最初からそれだけの金額を借り入れできるわけではなく、段階的にその金額に行き着くようなシステムとなっています。たとえば年収が150万円の人の場合、最初は30万円の利用限度額だったとしても、カードローンの利用を続けていくことで、利用限度額が40万円に増額されます。これは、優良な顧客として金融機関に認めてもらえるようになるからです。そして最終的には、年収の3分の1の50万円までの借り入れができるようになるわけです。

利用限度額が上がると金利が下がる

また、利用限度額の増額にあわせて、金利が下がっていくことになります。つまりカードローンは、利用を続ければ続けるほど、ますます便利に利用できるようになるというわけです。
もちろん単に利用すれば良いというわけではなく、計画的な利用により、しっかりと返済を続けていくことが必要です。返済を滞らせることなく安定した利用ができている人を、金融機関は増額や金利の引き下げといった形で優遇するのです。”