カードローンの審査項目とその基準について

カードローンの審査について

カードローンは緊急で資金が必要になった時に現金を引き出す事が出来るカードなので、いざという時のための保険として保有する人が増えています。しかし申し込めば誰でもカードの発行を受けられるというわけではありません。
カード発行に際してはカード会社が行う審査を受ける必要があり、これに通らないとカード発行を受ける事が出来ないのです。カード発行会社がこのような審査を行う理由としては、カード利用者がきちんと債務を返済してくれる人かどうかをチェックせずにカード発行を行うと、最悪貸出金が回収できず損失を被るリスクがあるためです。

調査されるのは債務者の返済能力

カードローンの審査では、カード発行希望者の信用力調査が行われます。具体的には、カード発行希望者がどれぐらいの収入を得ているかという点や、現在他社から過度な借入を受けていないか、そして過去に借入金の延滞や踏み倒しをした記録が無いかといった点がチェックされます。

審査されるのは収入だけではない

まず1点目の収入についてですが、これは収入が少ないからといって必ずしもカード発行が断られるという事はありません。
ただし、収入が少ない人は返済原資がそれだけ少ないと看做されるため、カード利用上限額が低めに設定される傾向が強いです。

限度額の上限は他社からの借り入れも考慮される

2点目の他社からの借入状況についてですが、こちらも他社から借入額がある場合、必ずカード発行を断られるという事はありません。収入が十分にあり、かつ他社からの借入額が少ないという場合はカード発行を受けられるケースが多いです。
但し、個人の借入上限は年収の3分の1以下としなければならないという法律があるため、年収の3分の1以上の借入がある場合はカード発行を受けられないケースがあります。最後の信用事故については、実績がある場合はほぼ例外なくカード発行を受ける事は出来ません。”