無人契約機とATMの違いは申し込み手続きにあり

いつでもお金を借り入れできるカードローン

カードローンでは、金融機関からのお金の借り入れを、ATMでおこなうことになります。
契約した金融機関のATMを利用できるのはもちろん、提携している銀行やコンビニエンスストアのATMも利用することができます。特にコンビニエンスストアの場合、24時間営業をしているため、24時間ATMを利用できるということになります。つまり、朝の早い時間や夜の遅い時間でも、お金が必要な時にはいつでも借り入れができるのです。
もちろん、金融機関の営業日ではない週末や祝日、お盆や年末年始の時期なども、利用することが可能です。

最初の申し込み手続きは窓口もしくは無人契約機で

ただし、申し込み手続きはATMではできず、金融機関の窓口や無人契約機などでおこなう必要があります。また、昨今ではインターネットによる契約も可能になっていて、パソコンやスマートフォンがあれば、自宅からでも申し込み手続きができます。

いずれの場合も、申し込み用紙や申し込みフォームに、住所氏名や連絡先などの必要事項を記入または入力することになります。そして、その内容に間違いがないことを確認するための、運転免許証などの本人確認書類の提出や、電話でのやり取りを求められます。

必要な書類をよく確認しよう

また、借り入れする金額によっては、源泉徴収票や給料明細書などの収入証明書の提出が必要になることもあります。こういった書類は、窓口での申し込みの場合はその場で提出しますし、無人契約機の場合はパネルによるスキャン、パソコンやスマートフォンの場合は画像添付という形で提出することになります。
申し込み手続きが終わり、審査に通ることができれば、カードローン専用のカードが発行されます。このカードを使うことで、自分が希望するタイミングでATMでカードローンを利用できるようになるのです。